【城プロRE】新しい進化武器!正月シリーズを紹介!

アップデートで新しく正月武器に進化が実装されました。

これまでの正月武器、今回実装された武器どちらも星5までできる。

今回はどういった性能になるのかを紹介していきます。

正月進化武器 各性能

進化するには

  • +10にした星4正月武器
  • 亥王×1
  • やくも珠×1000
  • 金100000

が必要になります。

やくも珠は城娘を引退させた時、あるいは改築した際に貰えます。

亥王に関しては高額ではありますが売店にて購入することができます。

武器を強化するために”上級霊鋼”か”同レアリティ帯の+武器”を合成しなげればいけません。上限は+10までとなっています。

ということで正月進化武器を見ていきましょう!

門松寿槍[改]

攻撃+6、防御+15→40、耐久回復追加

う~ん…

攻撃値もそこまで高い方じゃないですし、耐久回復も30と控えめ。大体レベル80の槍城娘最大化で耐久8000ぐらいだったと思います。そう思うと30は少し厳しい。

防御+40はまぁいいんだけどなぁ・・・って感じです。

迎春羽子弩[改]

攻撃+6、10%隙延長追加

新しく追加された隙延長も遠距離兜を味方陣地に早く送り込ませることができる効果。

射程低下と共に遠距離攻撃の兜に刺さる石弓武器となっています。

賀正門松砲[改]

攻撃+6、デメリット解消。

低速化がなくなったおかげで取り回しが良くなりました。

同じ連射系の鉄砲武器と比較。

武器攻撃値に関しては門松砲が一番高い。

一番使用感として似ているは”滅ガトリング砲”。

あと少しで敵を倒せるのに同じ敵に2回もガトリング攻撃してしまうという場合に門松砲もありかなと。

氏郷鉄砲、五雷神機に関してはどちらも後退効果(ノックバック)となっています。

ノクバ無効の敵(鯨兜とか)なんかはガドリング、門松砲の方がいいでしょう。

書初福寿筆[改]

攻撃+6、耐久回復3%→5%、射程+10追加

射程アップは単純に良いですね。ただ+10だと少し物足りないか…

あまり法術が攻撃を受ける場面もないですし、法術の攻撃間隔で与ダメ回復があってもなぁ・・・という気はします。

マルチ攻撃ができる法術(足利氏館、芥川山城)なんかとは相性が良い?

一度に3体攻撃して回復できるわけですからね。

といっても最終的にはダメージ貰う配置にしないしなぁ・・・に落ち着く。

福招熊手筆[改]

若桜鬼ヶ城の登場により調整された武器。

攻撃+6、耐久+50→100.、伏兵耐久5%→8%。

一応、8%になっても若桜鬼ヶ城の伏兵が1回余分に攻撃を受けれたりはしない。

う~ん・・・って感じですね。城プロREに金光聖母トークンやらバトルタンクトークンなんかが来れば考えるかなって感じ。

門松平蜘蛛砲[改]

 

攻撃+6、射程+20→25、爆風範囲10%→20%

割と良い強化を貰った?

射程+25は加農砲[改]に並ぶトップ数値。

加農砲[改]の場合は着弾速度、こちらは爆風範囲+20%。どちらを取るかって感じ。あと少し加農砲[改]の方が10ほど攻撃値が高い。

う~ん・・・

でも爆風範囲10%アップはデカいし、20%ですもんねぇ・・・金亀城なんかの爆風範囲バフと重なるし…

門松平蜘蛛を選びそうな気がする。

昔みたいに無駄打ちした際、爆風も残らないなら加農砲[改]一択なんですがね。

餅花明星大砲[改]

攻撃+6、爆風ダメ5%→15%、隙短縮5%追加

門松の方は”爆風範囲”でしたがこちらは”爆風ダメージ”。

10%アップしてますね。

金鯱城に装備させて運用したい武器ですね。多数の敵処理を早くしたい場合は上手く機能してくれるんじゃないでしょうか。

風魔忍独楽[改]

 

2020年に実装された武器。正月イベント『春を迎えて吉兆芽吹く-急-』の特別戦功にて入手可能。

攻撃+6、攻撃速度+10追加

ノックバック投剣は初。”少し”ですので効果自体は微量。ただ投剣の攻撃間隔で後退効果なので割と実用的ではありそう。

特に攻撃速度上昇や隙短縮、移動速度低下などの効果を持った投剣と合わせて使っていきたい。

正月進化武器 まとめ

自分なら門松砲、平蜘蛛大砲、風魔忍独楽を進化させたいって感じですかね。

風魔独楽はノクバ投剣ということで現状オンリーワンだし。

門松砲、平蜘蛛大砲は普通に強いって感じ。

まぁ門松砲は滅ガトあったら優先しなくてもって気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。