城プロRE/立花山城 黒い城娘の正体!歌舞、鈴の役割を一人で行う独自性能!

御城プロジェクト:REの☆6城娘『立花山城』について評価を述べていきます。先に天下統一で顔見せだけしていた城娘ですが、築城限定で入手できるようになりました。超特殊築城ではピックアップ対象になっていることがあり、図鑑に未登録であれば出現する確率もあがります。

立花山城の特技

立花山塊

巨大化する度に範囲内の城娘の防御が20、攻撃速度が5%上昇

元が歌舞なので特技効果はバフになっています。

防御と攻撃速度を上げることができるので、攻守バランスタイプですね。巨大化した時の補正がなくなったので効果範囲は広く構えることができます。

攻撃速度アップはいいですが、防御バフがなぁ…

いやマップ序盤の攻略では防御バフって結構つかえるんですが、終盤になってくると防御バフを展開した所で受けれない敵が結構でてくるんですよね…もちろんないよりはマシなので、全然いいんですが…

改築がきて攻撃バフが追加されるようなことがあれば、一気に使用頻度が上がると思います。改築の内容が早くも気になりますね。

立花山城の計略

姫城督

範囲内の敵全てに持続的な攻撃を行い、範囲内の敵の防御と攻撃速度を下げる特技に変化(自分のみ)

(使用10秒:気コスト3)

前にあったコラボキャラクターを彷彿とさせる計略となっています。

自身に計略を掛けることで、特技のバフ効果がそっくりそのまま、敵のデバフ効果に変化し、鈴のような継続ダメージを与えることができるようになります。

歌舞、鈴どちらの役割もある程度できるといった感じでしょうか…

デバフに関していえば、防御デバフが優秀かな。

前世殿であれば鈴メインで使っていきたいかなぁ…

おすすめ武器

番傘(固定)

武器は固定となっています。大坂城のように固定武器であっても強化されることが今後はあるんでしょうか…

おすすめ増築用施設

範囲上昇(門系)

歌舞、鈴ともに範囲が重要な武器種となっていますので、こちらの施設がいいと思います。

まとめ

独自の活躍は見込めるが、もう一声ほしい感じですね。

どちかかというと歌舞の方をメインで使っていき、ボス兜が出現したらデバフに変えるって感じがいいのかなぁと。

いや反対か…

最初はデバフで、終盤は回復とバフをまいて…

って感じで使い方を模索しながら運用すると楽しいかもしれません。

歌舞、鈴どちらの要素も持っているので編成を一つ開けることができる。が純粋な歌舞、鈴の性能には少し物足りない。

そんな印象ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。