[ハロウィン]ユッセ城 別バージョンが早くも登場!

星6杖城娘である『【ハロウィン】ユッセ城』の性能・評価・考察を述べていきます。まさかのユッセ城が限定城娘として登場ですね。

犬山城、名古屋城、指月伏見城に続く形となりました。性能・評価は個人の感想なので参考程度にお読みいただければ幸いです。

[ハロウィン]ユッセ城の特技

荊棘の魔女

自身と自身の伏兵の攻撃範囲を30上昇・発動時に一度だけ敵全体を動きを一定時間封じる

無印のユッセ城の特技効果は【自身の攻撃を20%上昇】だったのに対して、ハロウィンバージョンでは範囲バフとなっています。

後述する計略の効果範囲を増強することができ、自身の攻撃を更に広い範囲に届かせることができます。

マップで一度だけ使うことができる、敵の動きを一定時間封じる効果もどの編成、マップによっても使い勝手がよく高火力の敵を封じている間に倒してしまうこともできるでしょう。

[ハロウィン]ユッセ城の計略

お菓子かいたずらか

敵から狙われず、攻撃時に敵の移動速度を下げるオバケを呼び出す。波終了まで有効(範囲:200)

使用まで60秒、気消費7でトークンを呼ぶことができます。攻撃範囲は200なので初期配置の武器種【槍】と同じ範囲となっています。

攻撃、防御はレベル50で70らしいので、ダメージソースとしては使えないですね。あくまで鈍足効果を相手に与える目的で使用するといった感じでしょうか。対ボス戦として優秀ですね。

ボスにはお化けの花道を作って移動速度が低下している間に倒すといった運用がよさそうですね。敵から攻撃されないことで生存力は高いですが、敵の攻撃を蔵・城娘から逸らすトークンの役割はできないため注意しましょう。

トリック・オア・トリート/改壱

敵から狙われず、攻撃時に敵の移動速度を下げるオバケを呼び出す。波終了まで有効(範囲:250

(使用50秒:気コスト7)

トークンの攻撃範囲が伸び、使用時間が10秒短縮されました。

この計略がハロウィンユッセ最大の魅力なので、ここが強化されたのは嬉しいですね。

範囲も嬉しいですが、使用時間が減ったのが一番うれしいかなぁと。

計略時間短縮を持った城娘と組み合わせることで更に強力なトークンを置くことができますので、彦根城や弘前城と組むといいかもしれません。

おすすめ武器

荊棘の箒(固定)

武器種【杖】は武器固定となっています。無印ユッセ城は荊棘の杖でしたが、ハロウィンでは箒になっています。魔女っぽくなっていますね。

おすすめ増築用施設

聖ヴィート大聖堂(配気-4)

門系(攻撃上昇)

狭間系(攻撃範囲上昇)

割となんでも合うと思いますが、攻撃力がそのままダメージとなるため、門系の施設を組み合わせることをおすすめします。

範囲上昇もいいですね。

イベントで入手可能な、聖ヴィート大聖堂は初期配置コストを-4してくれるため、若干重い気消費を解消してくれるのと、マップに一度だけの特技である、一定時間相手を封じる効果をいち早く打てる準備をするのに役立つと思います。初期コストだけなので、巨大化以降はそのままのコストがかかります。

[ハロウィン]ユッセ城の考察・まとめ

面白い計略だと思います。

攻撃を受けないトークンということで様々な使い道があるでしょう。相手の動きを操作することに特化した城娘です。

上手く使えばかなり楽に攻略ができるのではないでしょうか。季節限定の城娘なので、六星の祈願石や招城儀式では狙えません。復刻のようなものがあるかもしれませんが…狙うのであれば今がチャンスですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。