洛陽城 自己完結型の拳!高い耐久と攻撃バフで敵を迎え撃とう!

新しく追加された星6拳『洛陽城』の性能・評価・考察を書いていきます。中国城は拳が多いですね。洛陽ときくと三国〇双を思い出すんですが誰もが聞いたことがあるメジャーなお城ではないでしょうか。性能・評価・考察は個人の感想なので参考程度に見てくださいね。

洛陽城の特技

天下光宅

自身の耐久が30%、回復が40上昇

特技を発動することで継続して戦う能力が向上します。耐久30%上昇は武器種【拳】と相性がよく上昇幅が大きいでしょう。防御を貫通してくる法術兜対策にもなりますね。回復も40上昇しますので、水属性と相性がいいです。敵の攻撃を耐えることに特化した特技性能と言えるでしょう。

天上天下光宅/改壱

自身の耐久が35%、回復が40上昇、被ダメージを20%軽減

耐久も上がり、更に被ダメージ軽減が追加される事態に。

そう!事態になった。

耐久力が高い拳で耐久バフはかなり嬉しい効果です。また防御力が低い拳にとって被ダメージ軽減も相性がよく生存力がかなり強化されました。

拳にとって嬉しい、耐久バフ、攻撃バフ、被ダメージ軽減がそろったTHE・拳という感じですね。

洛陽城の計略

魏紫姚黄

45秒間対象の攻撃が1.7倍(近接城娘のみが対象)

使用まで50秒、気消費7で使うことができます。

倍率系の計略なので素のステータスに効果の倍率がかかります。例えば割合バフ(攻撃20%上昇など)、固定値バフ(攻撃100上昇など)が掛かっている状態だとそれをなくした状態でのステータスに1.7倍です。素ステータス(武器込み+施設込み)+攻撃70%上昇したあとで固定値のバフが数値分のる感じですね。

使用まで50秒、効果時間45秒なので使用するための気さえあれば、5秒間隔で掛けることができる回転率が高い計略となっています。

近接城娘のみが対象とありますが、ほぼ自身に掛けたい計略ですね。特技では自身でダメージを向上させる手段を持たない洛陽城ですが、この計略のおかげで単騎で完結した強さを手に入れることができます。

おすすめ武器

青龍(固定)

武器種【拳】は武器固定となります。武器でのステータス上昇が見込めないためレベルを上げて性能を向上させていきましょう。

おすすめ増築用施設

門系(攻撃上昇)

武器種【拳】の特徴をいかしてくれる門系がいいと思います。増築用施設は素ステータスに数えられるため計略とも相性がいいです。範囲もいいかもしれませんが、つけてもそれほど大きく変わりません。運よく複数の洛陽城が手に入り穴あけが2つになれば、2番目に範囲上昇施設を組み込む程度でいいと思います。

洛陽城の使用感・まとめ

運用方法は星5拳『平遥古城』と似ている感じがしますね。同じ星6拳城娘である『長安城』とはうまく差別化できているなぁと思います。長安城は編制メンバーと組み合わせて活躍させたい城娘で、洛陽城は単騎で活躍させたい城娘です。

計略は倍率バフなので他の城娘と連携することなく火力を出すことができます。もちろん火力が足りない他の近接城娘にも掛けることができるので良い計略だと思います。

レベル60時点での『平遥古城』との比較
さすがに最大巨大化で計略なしだとあまり火力がありませんね…

一方『平遥古城』では

計略あり洛陽城では

計略を使えば『平遥古城』の特技効果である攻撃バフ20%・+120攻撃上昇をこえる数値となります。実際に使うと5秒間隔に計略を使うことはありませんが、火力が欲しいというときには必ず使えるような状態になっていますので回転率も良く使用感も良いです。(ただ放置編制には向きませんが…)

彦根城と一緒に編成すれば計略は永続的にかけ続けることができ、固定値バフも計略と重なりますので相性が良いです。歌舞とも相性がよかったです。武神降臨【石田三成】でも殿前に配置し最後まで敵を倒してくれていました。

『平遥古城』のような火力を持ち、更に最大化では耐久、回復値ともに上がり継続して戦線を支えられるような性能となっています。二属性持ちで地形ボーナスを受けやすいのも良いですね。

レベルが上がった武器種【拳】は小型~大型兜、高耐久、低防御の敵(象兜など)といった厄介な敵にも対処でき重宝します。ただし防御力が高い敵が多数でてくる西洋マップではなかなか活躍しづらいですのでマップにあった編制を心がけましょう。

実際に使用した動画

場所は天下統一『黒い城娘~駿河~』難しいで使いました。

洛陽城の特技、計略が上手く機能したマップでした。耐久力、殲滅力ともに高水準にまとまった城娘です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。