【アークナイツ】シージ/コスト回復+敵殲滅!ライオンみたいで可愛い!

アークナイツ(明日方舟)の★6オペレーター『シージ』について評価を述べていきます。

先鋒において最高レアリティを誇るシージ。先鋒というジョブはアークナイツでかなり重要なポジションですので入手すれば活躍すること間違いなしでしょう。

コスト回復という効果は、戦術演習、殲滅作戦において必ず使用される効果となりますので、その要素を兼ね備えているシージは汎用性も高いと言えるでしょう。

基本性能について

  • コスト:12
  • 攻撃速度:普通
  • ブロック:2
  • 再配置:遅い
  • ラベル:近距離・COST回復・火力

先鋒ジョブなので、COST回復、序盤の敵の足止め+殲滅が主な役割でしょうか。

コストは12と先鋒の中では1番の多さを誇ります。といっても全体で見れば安い方なんですけどね。

ブロックは2と序盤足止めしやすい反面、多くの敵を抱えることでダメージもより貰うことになります。

医療キャラと合わせて運用するか、コストが十分であれば重装や前衛に変えるといったことをしましょう。

シージの特性について

敵を2体までブロック

先鋒としては標準的な特性といったところか。

先鋒の特性としては他に、敵を倒すとコスト+1、撤退時に初期配置分のコストを回復などがあります。この効果に関しては1ブロックの先鋒キャラに言えることですが、スキルでのコスト回復がないといった特徴があります。

2ブロックの先鋒は敵を倒してもコスト回復はしないですが、スキルで大きく回復できるといった感じですね。

シージの素質について

万獣の王※昇進1 配置中、味方【先鋒】ユニットの攻撃力、防御力+4%
万獣の王※昇進2 配置中、味方【先鋒】ユニットの攻撃力、防御力+8%
粉砕※昇進2 周囲4マス内に敵が倒れる度、SPを1回復

百獣の王ならぬ万獣の王なんですね。先鋒は序盤に2体配置することも多いですのでこの素質効果は素直に嬉しい。

昇進2で新しく追加される素質については敵を倒す度にSP(スキルポイント)が回復する効果です。

スキルポイントというのはその名の通りスキルを使用するために用いる。スキルによってポイント獲得方法が違います。

自動回復と呼ばれるものは1秒に1SP回復。

攻撃回復と呼ばれれるものは攻撃する度に1SP回復。

被弾回復と呼ばれるものは攻撃を受ける度に1SP回復。

となります。

昇進2粉砕は自身のスキル回転率を上げてくれるような内容というわけですね。

シージのスキルについて

スキル1:突撃指令γ(初期)

所持コスト+12

(SP44・自動回復・自動発動)

スキル2:スカイスマッシュ(昇進1)

次の通常攻撃時、所持コスト+3、周囲の敵全員に攻撃力の220%の物理ダメージを与える、1回チャージ可能

(SP12・自動回復・自動発動)

スキル3:スカルクラッシュ(昇進2)

攻撃間隔が延長し、攻撃時攻撃力が260%まで上昇、更に40%の確率で攻撃した敵を0.5秒間スタンさせる

(SP30・自動回復・手動発動・15秒効果)

スキル1に関してはCOST回復の効果ですね。同じ効果として★5テキサス、★ズィマーも所持しています。★5キャラの方が配置コストは安いので序盤の立ち上がりについては少し遅れを取るかもしれません。(といってもコスト1差だけですが・・・)

スキル2はCOST回復しつつ、敵を殲滅できると。回転率もSP12と短いですので嬉しいですね。自動回復となっていますので12秒に1回。昇進2の素質効果を合わせれば更に回転率が良くなるというわけですね。

スキル3についてはCOST回復という要素はなくなりますが、火力がありアークナイツにおいて強力なステータス異常効果であるスタンを付与することができます。

40%の確率と数値自体はやや高いですが少しピーキーな感じですね。回転率も良いですのでハマるマップではかなり優秀なんではないでしょうか。

シージの基地スキルについて

宿舎にいるキャラ全員の体力回復+0.15(同系統の効果は最も数値の高いものが発動する)

宿舎にいるキャラ全員の体力回復+0.2(同系統の効果は最も数値の高いものが発動する)※昇進2

宿舎にて効果を発揮することができます。昇進2では体力回復量があがります。

シージ まとめ

COST回復+殲滅ができる先鋒として活躍してくれるでしょう。

やっぱりスキル2がいいなぁと思うのは自分だけでしょうか。できれば昇進1まで頑張って育てたい。

もちろん初期でも優秀なのは変わりないのですが。

先鋒というジョブはほぼどのマップでも使われると思いますので、是非ともシージを入手した方は様々な箇所で使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。